庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 中村卓史の精進日記

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
中村卓史の精進日記

墓石解体工事 ~D家様(島根県)~
2006年12月12日

お墓の移転工事のため、島根県へ行ってきました。

ご先祖様が祀られているため、ご住職にお性根抜きをして頂き、10基あるお墓を1基ずつ丁寧に解体していきました。
お墓の下にあるお骨や土(お骨がない場合)を取り、新しいお墓ができるまでお施主様に大切に保管して頂きます。

長く住んでいた所からの引越しなので、ご先祖様もビックリされているかもしれませんが、新しいお墓は庵治石の立派なお墓です。そして何より、子孫がいつでもお墓参りに来てくれる場所への引越しです。

お施主様にもご先祖様にも喜んで頂けるはずです。

墓所工事 ~Y家様~
2006年11月28日

高松市内の墓地にて「庵治石の玉砂利敷き工事」をしました。

Y家様の墓所は、トラックを止めてから50m先に墓所があり、土を土のう袋17袋を運び出し、庵治石の玉砂利を同じだけ敷き詰めました。搬入は手作業でしたので、大変でした。

庵治石の玉砂利(砕石)は、やはり庵治石のお墓にすごく合います。
最近、新規でお手伝いさせて頂く時には、いつも庵治石の玉砂利を提案させてもらってます。

なかなか他の地域では見る事のない玉砂利ですが、「庵治石」というだけで、高級な感じがして、お客様も大変喜んでくれます。
そして、見た目もきれいです!

いとこの結婚式。
2006年11月25日

NNストーンの後継ぎ・いとこの勇治の結婚式が高松市内でありました。

僕にとっては、弟のような存在の勇治がめでたく結婚して、ホンマにうれしかったです。
勇治の人柄を象徴するように友達がすごく多い、あったかい結婚式でした。

奥さんもしっかりした子なんで、2人で良い家庭を築いて欲しいです。

僕が推薦したイタリアへの新婚旅行では、仕事の事も忘れ、楽しんで欲しいです。いいなぁ~!僕も行きたい!

勇治、結婚おめでとう!
これからも一緒に会社を盛り上げよう!

日本石材産業協会 第3回理事会
2006年11月24日

東京・上野で開催された「日本石材産業協会 第3回理事会」に出席して来ました。(今回は日帰りです)

今年の6月から理事(お墓ディレクター委員会・副委員長)をさせて頂き、石材業界の様々な活動のお手伝いをさせて頂いています。

今回の理事会では、お墓ディレクター資格の更新制度や、HP上での資格取得者の公表、来年の試験の事などをご説明させて頂きました。

前回の理事会で自己紹介をさせて頂いたとき、「石材業界の日本代表に選ばれたと思い、微力ながら頑張ります!」と言わせて頂きました。

もちろん最年少理事ですが、多くの先輩から学び、少しでも業界の為になればと思います。
ウチの社長、会社に感謝し、任期中の役目を全うしたいと思います。

開眼式 ~M家様~
2006年11月22日

11月22日(火)大安吉日

先日完成したお施主様の開眼式(かいげんしき)が高松市内の墓地にてありました。

仏様がいらしゃらないお施主様ですが、ご自身のお墓を建てられました。この場合のお墓のことを“寿陵(じゅりょう)”と言います。

寿陵の代表的なものはエジプトのピラミッドです。最近では以前より多く建てられるようになりましたが、「先祖供養」や「子孫繁栄」を祈願するおめでたいお墓と言われています。

お施主様には「お墓を建てるのが、こんなにすがすがしいものとは思わなかったわ~」とおっしゃって頂きました。

良い仕事ができて、私もうれしいです。
次のページへ
ページの上へ