庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 中村卓史の精進日記

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
中村卓史の精進日記

石あかりロードinOSAKA 最終日!
2010年12月25日

11日(土)から大阪中之島で開催しているOSAKA光のルネサンスも今日で最終日です。

23日に引き続き、本日クリスマスも当番です!
僕は、「真実の石」という「ローマの休日」に出る“真実の口”を思わせるモニュメントを使ったおみくじの担当です。

1回100円のおみくじ。
最終日なので、多くの方におみくじを引いていただきました!

「四国・香川県から来ました庵治石でできた真実の石おみくじ。いかがでしょうか~」
このフレーズ、500回は言ったかもしれません。

お蔭で、「私、香川出身なんです!」とか「親が香川なんです」、「牟礼とか庵治知ってますよ!」って大勢の方に声を掛けてもらいました。

途中、雪がちらついたりで、かなり寒かったですが、温かい声を掛けてくれた皆さん、本当にありがとうございました!

今日1泊して、明日の朝に撤去し、四国へ戻ります。楽しい最終日でした。

お墓の点検・清掃
2010年12月20日

今年から始めさせて頂いた「お墓の点検・清掃」。

当社でお手伝いをさせて頂いたお客様のお墓を2件、廻らせて頂きました。
今回は昨年の今頃に建立をさせて頂いた県外のお客様で、2基ともきれいにされておりました。

点検と言っても、まだ1年ですと気になるところは無くて当然ですが、ちゃんとお墓参りしてくれているかな?って気にはなります。

特にN様は、小たたき仕上げのお墓を建立され、磨き仕上げとは違い、表面に細い筋の入った仕上げですので、少し汚れが心配でした。

墓地に来ると、やはりすぐに目に留まり、遠くからでもそのきれいさに気づくことが出来、ほっとしました。
お客様に掃除の仕方をお知らせしていましたので、おそらく奥様がいつも丁寧に掃除をされている姿が目に浮かびました。

庵治石は確かに高額ですが、良さもあります!
・高額なお墓を購入したから、すこしでもお墓参りしようとする。
・庵治石で建てたという満足感から、先祖や亡くなられた方に胸を張って会いに行ける。
・ご子息にちょっとした自慢にもなり、「庵治石だからみんなで大切にするのよ!」とお墓参りを通じての家族のきずなが深まる。
・何年経ってもきれいな石目は変わらず、掃除のし甲斐がある。

これらの理由から、僕はお客様に少し無理をしてもらっても庵治石を絶対の自信を持ってお勧め致します。

お客様も悩んでらっしゃいましたら、必ず最後は庵治石に決められます。
でも、100年先を考えると、家族にとっては間違いのない判断だと言えます。

皆様もお墓選びの選択肢に、ぜひ庵治石を!

OSAKA光のルネサンス ~石あかりロードinOSAKA~
2010年12月11日

大阪・中之島で開催されている「OSAKA光のルネサンス」に、庵治産地の職人さんが心を込めて作った石あかり45点を持っていき、石あかりロードや庵治産地のPRをさせてもらってます!

「石あかりロードinOSAKA」と題し、期間中約300万人が訪れるビッグイベントに石材業界、庵治産地を代表して行って参ります。

このイベントは、中之島一帯でイルミネーションを行い、クリスマスシーズンを光のまち・OSAKAとして盛り上げるイベントで、昨年から参加をさせて頂いております。

8日の設営に始まり、僕は期間中4回当番として大阪に行く予定です。
イルミネーションの華やかさと明るさには少々負けますが、石あかりの情緒・癒しをぜひ大阪の方にも見て頂きたいと思います。

OSAKA光のルネサンス
12月11日(土)~25日(土)

■公式HP http://www.hikari-renaissance.com/

お墓ディレクター特別委員会
2010年12月03日

全国約1300社の石材店(関連企業含む)が加盟している日本石材産業協会に「お墓ディレクター特別委員会」があります。

何度かブログでご紹介をさせて頂きましたが、今回横浜の地で、そのメンバーの多くが集まり、「1級取得者研修会」を開催しました。

*写真は、研修会終了時に撮影しました

メンバーは、遠くは札幌から、西は岡山まで・・・業界の発展を自らの手で良くしようと皆さんボランティアで集まってくれます。
総勢20名を超えるメンバーですが、今回は主力である14名で設営にあたらせて頂きました。

毎年行っている「1級取得者研修会」ですが、今回は少し変えて、1泊2日の研修会にしてみました。

1日目が、講師2名による講演会+懇親会。
2日目が、見学バスツアー。

今回も50名近くの1級が受講して頂き、とても有意義な勉強と交流ができました!

まだお墓ディレクター資格を持っていない石材店の方、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

お墓の勉強会!強化月間。
2010年12月01日

11月22日に大阪で、12月1日には東京で「お墓ディレクター検定対策勉強会」が開催されました。

これは、来年1月26日に8回目を迎える「お墓ディレクター検定試験(日本石材産業協会主催)の受検者を対象とした勉強会であり、その中でも1級の小論文を出題者である小川先生・小畠先生による講演という内容でした。

毎年、各会場にはお墓の本質を勉強しようと全国から約70名の方が2会場に集まります。

お墓離れ、納骨の多様性が広まりつつある中、改めてお墓の重要性や良さを学び、真摯にお客様にご説明をさせて頂く。
この前向きな姿勢こそ、業界を盛り立て、ひいてはお墓を建てられる方の幸せにつながっていくものだと私は考えます。

お墓ディレクター1級は、全国に603名しかおりません。
お墓は1級から買うから意味がある!・・・そんな業界や風潮になればより業界のレベルアップにつながると思います。

僕は微力ですが、このお墓ディレクターを通じ、業界の発展に寄与できればと考えております。
僕もまだまだ勉強中ですが、「1級」のプライドを持ってこれからも頑張っていきたいと思います!
次のページへ
ページの上へ