庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 中村卓史の精進日記

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
中村卓史の精進日記

四国新聞に掲載! ~四国霊場7ヶ所まいり~
2011年12月29日

先日工事をさせて頂いた「四国霊場7ヶ所まいり」での庵治石七福神のことが、地元の四国新聞に掲載されました。

今回の取りまとめ役をされていた弥谷寺(71番)の建林副住職も写真で載っており、とても嬉しかったです!

これでますます庵治石を触ってくれる方が増えて、愛着を持ってもらえたら、なお嬉しいですね~

皆様も西讃地区に行った際は、71番から77番のお寺様に七福神を見に行ってくださいね!

石切り唄inOSAKA光のルネサンス
2011年12月23日

庵治産地(牟礼地区)に昔から伝わる「石切唄」というものがあります。

石を叩く単調な作業を少しでも紛らわし、一体感を持つために作られたのが、この「石切り唄」です。

今回、約300万人もの方々が来場されるOSAKA光のルネサンスに、この「石切り唄」がデビューしてきました!

大阪のど真ん中に響き渡る「庵治石を叩くノミの音」、鳥肌が立ちそうなくらいしびれました!!

石切り唄保存会のメンバー10名の後ろ姿、本当にカッコよかったです!
ありがとうございました!!

文字彫刻した庵治石製品、関東へ・・・
2011年12月19日

関東の石材店様よりご依頼を頂いていました洋型墓石を出荷させて頂きました。

もちろん「庵治石細目」です。

今回は、正面文字や裏面、側面の文字も彫刻をして出荷させて頂きました。

今までの多くの製品には、文字を彫らず出荷し、小売店さんの方で彫刻をされていました。

ですが、彫刻機械をお持ちでない石材店様も少なくありません。
そこで、文字の打ち合わせをし、原稿を作成し、お施主様にもご確認を頂き、こちらで彫刻を致します。

そして、出荷前に写真を撮り、OKを頂いてから出荷するようにしています。

色々と細かな対応が必要となりますが、お客様に喜んで頂けるサービスとして、しっかりやらさせて頂いております。

石あかりロードinOSAKA 当番日!
2011年12月18日

先日設営をし、14日からスタートしている石あかりロードinOSAKAに行ってきました。

毎晩、牟礼の実行委員会から3~4名が当番制で行っておりますが、今日は僕の当番日でした。
愛知県岡崎市に出張しており、そのまま大阪入りしました。

すでに4日間の状況を聞いていたので、例年以上の人出とは聞いていましたが、本当にスゴイ人・人・人でした!!

僕は、真実の石(おみくじ)の担当で、多くの方々に「庵治石でできた真実の石おみくじ、いかがですか~」と何度も声掛けをさせて頂きました。
それと同時に香川県や高松市のPRも頑張りました。

22時に終わり、片付けをし、23時ごろの大阪を出て、帰宅は午前2時前でした・・・。
疲れましたが、庵治石の最高のPRとなりました!!

四国霊場七ヶ所まいり ~設置工事2日目~
2011年12月15日

昨日よりも今朝は早くAM5:30に会社を出発しました!

本日の工事のメインであります「71番・弥谷寺」のある三豊市三野町へ向かいました!

本日のメインというよりは、今回の工事で一番の難所でもあります・・・というのは、大師堂(納経所)の建物の前に「大黒天」さんを設置するのですが、なんと傾斜約40度、設置場所まで11mの石階段を吊り上げないといけないからです!!

今回の工事では、参拝客がいない早朝にと、特別な移動式クレーンを階段中段に設置し、約600kgの台座石を吊り上げることにしました!

機械の設置までに約2時間要し、いよいよ吊り上げ開始です!緊張の一瞬・・・周りからの注目を集めつつ、無事に上まで石を運ぶことが出来ました!!作業後には自然と拍手が起こりました・・・!

お昼前に弥谷寺さんを出発し、次は「74番・甲山寺」~「76番・金倉寺」へと行き、無事にすべての7ヶ寺で七福神の建立を終えることが出来ました!!

年内最後の大仕事でしたが、有難く、そしていろんな経験をさせて頂いた工事でした。
年間何万人もの参拝客に、「庵治石の七福神」さんをなでて頂きたいと思います!
次のページへ
ページの上へ