庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 中村卓史の精進日記

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
中村卓史の精進日記

技能グランプリに挑戦!!
2012年12月28日

弊社は本日で仕事納めです。

毎年、この日は一年間働いてくれたダンプやショベルカーをキレイに洗ったりするのですが、今日は朝からあいにくの大雨・・・。

NNストーンの工場では、最後の加工と機械のメンテナンスなどを行なっております。
その一角で、いとこの勇治はノミと石頭(せっとう)を手に、石工作業をしています。

普段は原石切削と現場施工の担当責任者をしている彼ですが、実は石工・石積み・石張り全てで1級技能士の資格を持っています。

そして、この石工作業(練習)は、来年2月に千葉県の幕張メッセで開催される「第27回技能グランプリ・石工部門」に庵治産地の代表として出場するためのものです。

私は主に営業部門を担当しておりますが、こうやっていとこが石工の道に進み、工場で精度の高い石製品の加工をしてくれていることが、何より心強いです!
2月の本番にはぜひ会場まで応援に駆け付けたいと思います!

がんばれ!勇治!!

庵治石の敷石、ほぼ完成! ~M邸~
2012年12月25日

今日で工事も5日目です。

20㎡にも及ぶ庵治石の敷石工事がようやく本日一段落します。
幅250mm、長さ900mm、厚み250mmの庵治石の原石を敷き詰めること約40個。
1個1個しっかりと固定し、天場(表面)のレベル(水平)を取り、ようやく本日で完成となりました。

まだ年明けに砂利敷きこうじが残りますが、とても雰囲気のあるステキな敷石工事ができました!

こうやってお墓に使用できなかった庵治石を敷石で使って頂けると、石屋としてこの上ない喜びです。
山で石を採る苦労と過酷さ、天の恵みである庵治石を埋め立てや砂利にするには、少し心が痛みます。お施主様に感謝!ですが、弊社も庵治石の可能性を広げていける仕事をもっと追求していきたいと思います!!

本体完成工事 ~T家様~
2012年12月20日

前回の巻石施工のときは思わぬ雪でしたが・・・今回の工事は快晴の中順調に石塔の完成工事を行うことができました。

少し離れたところにある古いお墓の解体工事チームと、新規の石塔施工チームの2班に分かれて総勢6名での工事となりました。

新しく建てさせて頂いたT家様のお墓には、ご家族の特別な想い入れがあります。
竿石の正面文字は、書家でもあった亡くなられたご主人様の直筆の文字を彫刻しています。
(詳細は開眼式のご報告で・・・

私たちは、お墓を建てさせて頂くだけでなく、“建立後も末永くお墓参りをして頂けるようなお墓づくりのお手伝い”をモットーしております。
T家様も間違いなく、この庵治石のお墓に強い愛着をお持ち頂いたと確信しております。
開眼式の29日が今からとても楽しみです。

庵治石の敷石工事 ~M邸~
2012年12月13日

石の層(いわゆるキズ)などでお墓に使用できない庵治石もあります。
そういう庵治石を弊社では、造園・エクステリア工事に使用しております。

今回のM邸では、玄関に庵治石の自然石を敷く工事をご依頼いただきました。
約20㎡ですが、山で下準備をし、現場ではショベルカーとクレーンを巧みに使用し、1個1個丁寧に施工しております。

今年中に何とか完成出来ればと思います!


※庵治石は年間300

巻石・カロート施工 ~T家様~
2012年12月10日

先月末に工場に検品にお越し頂いたT家様の工事が今日から始まりました。

といっても・・・現場はまさかの「雪」で、いつもより1時間遅れての現場到着となりました。

今日は巻石とカロートの施工でしたが、私を含めて5名での作業でしたので、順調に進みました。
奥行2500mmも巻石の施工は少々緊張しましたが、雪の影響もなく無事に本日の工事を終えることができました。

次は20日に、いよいよ本体の施工となります!
次のページへ
ページの上へ