庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 庵治石とは

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
庵治石が世界一と言われるワケ

庵治石は香川県高松市の庵治町・牟礼町でのみ産出されます。

気品ある美しさ、高い耐久性、細かな細工にも耐える石質、
そして希少性のすべてを兼ね備えることから、
墓石用石材として世界一ともうたわれ、
お墓づくりにこだわりを持つ多くの方々に愛されています。







 


庵治石は岩石分類では花崗岩に属します。地殻の奥深くで生成される花崗岩は、硬くて吸水性が低く耐久性に優れていることから、墓石としてよく使用される石材です。石英・長石・雲母などの結晶でつくられており、石目(結晶)の大きさによって細目(こまめ)・中細目(ちゅうこまめ)・中目(ちゅうめ)に分類されます。その花崗岩の中でも特にきめが細かい庵治石細目は、磨くと濡れたような青黒いツヤをおび、ふわふわと紺がすりを思わせるまだら模様が硬く無機質な岩肌に不思議な優美さを与えます。このまだら模様に濃淡がでる現象は斑(ふ)と呼ばれ、庵治石だけに起こるもので、世界中の石材にも類のない模様なのです。

 
■石の模様と分類

庵治石 細目(花崗岩/香川県産)
中村節朗石材 採掘

本小松石(安山岩/神奈川県産)

大島石(花崗岩/愛媛県産)

万成石(花崗岩/岡山県産)

SPI
(花崗岩/ポルトガル産)

ベルファースト
(花崗岩/南アフリカ産)

ニューインペリアル
(花崗岩/インド産)




石の風化は、結晶の間に入った水が凍ったり溶けたりすることが一番大きな原因。花崗岩は異なる膨張率をもつ結晶で構成されており、結晶の間にスキマができやすく風化しやすいと言われます。ところが、庵治石は結晶が細かいため、結晶の膨張・収縮率、水の浸透率が極めて低い。水を吸わない…つまり、風化に強い!また、鉄分の含有量が極めて少なく、サビで変色しにくいこともポイントです。 この庵治石を入念に磨き上げてつや出しすることで、石本来の特性以上の耐久性を生みだし、いつまでも美しい姿を保ち続けます。
 
吸水率

・水中24時間沈下した場合
60年前に建立したお墓
(但し、一度「磨きなおし」を施しています。ほぼ毎日お墓掃除をしています。)




 
構成物質の結晶が小さくて結合が緻密な庵治石は、他の花崗岩に比べて硬いのも特徴。その硬さはなんと、石英・水晶と同じ7度! ノミが立ちにくいので、加工には高度な技術が必要となる反面、細かな小さい部分にわたる彫刻を可能にします。





 
ページの上へ