庵治石の採掘・加工 中村節朗石材 | 中村卓史の精進日記

  • 庵治石とは
  • 中村節朗石材について
  • 採掘状況
  • 墓石建立事例
  • 庵治石の製品
  • 庵治石とお墓のQ&A
  • お客様の声
中村卓史の精進日記

お施主様による検品 ~T家様~
2012年11月25日

9月に代々墓を解体工事させて頂いたT家様の庵治石製品が加工最終段階となり、本日ご家族で県外より検品にお越し下さいました。

工事は12月中旬の予定で、まだすべての磨き加工が終わっていない状態でしたが、じっくりとご確認を頂きました。

こうやってわざわざ遠方よりお越し頂き、お墓の加工状況をご確認頂くことは大きな意味があります。
亡くなられたご主人様のために娘さんご夫婦やご親類の方とこのためだけに来られました。道中、いっぱい思い出話をされ、存分に庵治石のお墓への愛着も湧かれたことだと思います。

お墓が出来た際、こうやって見に来て頂いたご家族のお墓は間違いなく永くキレイに保たれます。
作り手として、一番嬉しいことです。

当社は、ご面倒でも出来る限りお施主様に工場までお越し頂き、庵治石のお墓に愛着を持っていただきたいと思っております。

北海道で庵治石!!
2012年11月22日

数年前に札幌市内の超大型霊園「真駒内滝野霊園」様に庵治石細目を展示品として納めさせて頂きました。

実は昨日から札幌市内で会合があり、今日久しぶりにお伺いをさせて頂きました。

すると・・・今年の6月にお客様に大変気に入って頂き、ご購入頂けたとのことでした!
早速、見に連れて行って頂き、手を合わさせて頂きました。

雪にも似合う庵治石でした!
北海道でももっと庵治石のお手伝いが出来ればと思います!

渡邊邸(三木町)での工事!
2012年11月20日

隣町・三木町にある渡邊邸。

知る人ぞ知る茶室で出来た旧家。庭には京都を思わせる数々の素晴らしい石灯籠。
古高松の大地主・揚家から5つの茶室を移築してできたこの豪邸を、オーナーである小橋さんが一生懸命に甦らせようとされています。

門から入った右側の神社の前は、草むらと化していました(写真上)。
そこで雑草を取り除き、庵治石の砂利を敷いてほしいとご依頼を頂きました!
小型ユンボ(ショベルカー)をお庭に入れさせて頂き、上土を取り除き、砂利を敷きましたが、2日半にも及ぶ大掛かりな工事となりました。

ですが工事後(下側の写真)は・・・本当にスッキリとした気持ちの良い空間に生まれ変わりました!
画像では少し判りにくいかもしれませんが、小橋さんやお母様にも大変喜んで頂きました!

私も気持ちの良いお仕事をさせて頂きました!
ありがとうございました。

庵治石の記念碑を建立! ~県立志度高~
2012年11月19日

社長と母親の母校でもある香川県立志度高校にて庵治石(さび)の記念碑を建立させて頂きました!

志度高の同窓会様からのご依頼で、春に桜の木を植樹(寄贈)されたことを記念しての碑です。

石置き場で、カタチの良いものをお選び頂き、工場にて切削。
正面の「夢」という文字は、志度高のOBでもある書家の青木幽碩先生に書いて頂いたものです。

歴史ある地元の志度高で素敵な工事をさせて頂きました!
ありがとうございました。

無事に引き渡し完了! ~S家様(関東)~
2012年11月18日

先週から工事に入らせて頂き、本日お施主様に引き渡しが出来、開眼納骨式を無事に終えることが出来ました。

遠方でのお手伝いは不慣れなこともありますが、こうやってM石材様とコラボさせて頂くことで、本当に立派な庵治石のお墓をお手伝いすることが出来ました!

お施主様のご家族の方々にも「素敵なお墓が出来ました!ありがとう」と声を掛けて頂き、感無量でした。
こちらこそ本当にありがとうございました!!

〇石種:庵治石細目(黒口特級)
〇形状:8寸3重台関東型
〇外柵:地上納骨式タイプ/SPI(ポルトガル産)
前のページへ 次のページへ
ページの上へ